予防接種について

【予防接種について】フルミストを予約された方へ

フルミストは11月入荷予定です。入荷が遅れる場合もあります。
詳しい情報が入り次第、お知らせいたします。
 
 

« 更新内容の一覧へ戻る

【予防接種について】2017年度経鼻インフルエンザワクチン「フルミスト」について

 インフルエンザワクチンは毎年変化し、ワクチンに対する有効性も毎年変わります。フルミストに関しこの2~3年、特に昨年においてはアメリカでの注射ワクチン(日本の注射ワクチンとは別物)との比較で、「フルミストは注射ワクチンより効果が弱い」というデータがあります。CDC(米国疾病予防管理センター)では「2017年度もフルミストを使わないように推奨する」との見解です。
 そこで当クリニックでは、今年度は「どうしても注射はしたくない、それでも少しでもインフルエンザを予防したい」という方にフルミストの接種をお勧めすることとしました。以上のことをご理解のうえ、接種をご検討いただきますようお願いいたします。
 
 
 
 《 2017年度経鼻インフルエンザワクチン「フルミスト」を希望される方へ 》  
 
ワクチン残りあとわずかです。ワクチンの定数に達し次第、予約終了となりますので、ご希望の方はお早めの予約をおすすめします。
 
ご予約は料金前払い、一般診療棟の受付で行います。お電話での予約はできません。
 
料金 : 1回 6,000円(税込)  ワクチン入荷 : 11月予定(変動の可能性あり)
 
 
ご質問・お問い合わせはこちらにおかけください→ 080-3290-0361 または 080-3290-0362
 
 
 
 
 
 
 
 
経鼻インフルエンザワクチン「フルミスト」について
 
経鼻インフルエンザワクチンは鼻に噴きかけるタイプの生ワクチンです。注射ではないため、痛みはありません。このワクチンはアメリカで承認され2003年より一般的に使われており、ヨーロッパでも数年前から使用されています。日本のワクチン行政が遅れているため、日本ではまだ承認されていません。
 
 
接種対象年齢 2~49歳まで         料 金  6,000円
 
接種できない方 
2~4歳で喘息になったことがある人、5歳以上で1年以内に喘息発作がおきた人、糖尿病の人、卵アレルギーのある人、妊婦・妊娠の可能性のある人、授乳中の人、長期アスピリン服用中の人、寝たきりの人や病人を看病している人、接種時に泣いている・鼻水が出ている人
 
接種回数 条件に応じて回数が異なります。
● 1回接種 ●
・9歳以上49歳まで
・2~8歳のお子さんでインフルエンザにかかったことがある、またはインフルエンザワクチン接種をしたことがある人
● 2回接種 ●
・2~8歳のお子さんで今までインフルエンザにかかったことがなく、インフルエンザワクチンを接種したことがない人(特にインフルエンザに対する免疫が確実に必要な人)
 
副作用 
通常の注射でのワクチンで注射の部分・投与部位が腫れるのと同様に、鼻の中にワクチンを噴きかけるため、局所反応として鼻水・のどの痛みがしばらく続くことがあります。アメリカのデータでは、100万回使用しても重篤な副作用は出ていないと報告されています。このワクチンには輸入会社独自の「副作用被害救済補償制度」があります。
 
注意事項 
生ワクチンのため4週間以上あけて他の予防接種ができます。なお、日本未承認のワクチンのため、他の予防接種の同時接種はできません。トヨタの助成には適用されません。ワンシーズンでの注射によるインフルエンザワクチンと併用はできません。
 
 

« 更新内容の一覧へ戻る

【予防接種について】2017年度インフルエンザワクチン予防接種のお知らせ《10月実施スケジュール》

2017年度インフルエンザワクチン予防接種 《10月2日(月)~10月31日(火)の実施スケジュール》
 
 
インフルエンザワクチンのみ単独での接種をご希望の方は、下記の時間に予防接種センターにお越しください。
 
  午前 午後 夜間
9:00~12:30 14:00~17:30  
9:00~12:30
14:00~17:30 ※1
9:00~12:30 14:00~17:30  
8:00~11:00
   
9:00~12:30 14:00~17:30 ※1
8:00~9:00 ※2    
 
※1 夜間診療時間帯は、インフルエンザワクチン単独での接種には対応しておりません。
 
※2 9:00を過ぎてからのインフルエンザワクチン単独での接種には対応しておりません。尚、8:00~9:00の間、インフルエンザ以外の予防接種や乳児健診は実施しておりません。また、混雑状況によっては9:00からの同時接種開始が遅れる場合がありますのでご了承ください。
 
11月以降のスケジュールは、決まり次第お知らせいたします。
 
 
【 他のワクチンと同時接種したい・・・ 】
他のワクチンを同時に接種予定の場合は、土曜日の8:00~9:00以外の診療時間に随時対応いたします。尚、土曜日の混雑状況によっては、9:00からの同時接種開始が遅れる場合がありますのでご了承ください。
 
【 いつもの診察と一緒に・・・ 】
受診の際にインフルエンザの予防接種をご希望の方は、随時対応いたしますので、受付時にスタッフまでお申し出ください。お連れの方も接種可能です。
 
  [ 料金 ]  中学生以下 : 3,000円  高校生以上 : 3,500円 (税込)
 
 [ お持ちいただく物 ]  接種料金 ・ 母子手帳(高校生以下必須※忘れた場合は接種ができません※ 
トヨタ自動車補助対象者の方は予防接種券と保険証を必ずお持ちください。  
 
インフルエンザ予診票←こちらをクリックしていただくと、予診票が印刷できます。印刷可能であれば、事前に予診票の熱以外の部分を記入し、お持ちください。(体温は当日院内にて測定します。)
 
 
小児 (中学生以下) : 2週間以上あけて2回接種が必要
成人 (高校生以上) : 2週間以上あけて2回接種がお勧め
※お勧めの理由※  ・抗体がつきにくい方がいらっしゃるため ・抗体の効果が約5ヶ月であるため ・例年5月中まで発症報告があるため
ワクチン(注射)の予防効果は20~30%ですが、インフルエンザにかかっても症状が軽くすみます。
 
 
ワクチンについてのご質問、ご相談は・・・ ① 080-3290-0361  ② 080-3290-0362
 
 
 
 
 

« 更新内容の一覧へ戻る

【予防接種について】不活化ポリオワクチン追加接種(5回目)を行っています。

不活化ポリオワクチンは接種から時間が経つと、感染予防の効果が低下してきます。4~6歳に不活化ポリオワクチンを追加接種をすると、予防効果が高く維持されます。現在、不活化ポリオワクチンは4回の定期接種となっていますが、海外では就学前(4~6歳)などに5回目の接種が定期接種として行われている国が多くあります。当院では長い間ポリオ感染を予防するために、5回目の接種をお勧めしております。
 
5回目の不活化ポリオワクチンは任意接種のため、自費で 7,350円、事前予約(前払い)となります。
ご予約の際は、診療時間内に予防接種センターへお越し下さい。
 
 
もっと知りたいポリオワクチン」←不活化ポリオワクチンについてはこちらをクリックしてください。

« 更新内容の一覧へ戻る

【予防接種について】2015年5月18日(月)より髄膜炎菌ワクチン接種を行っています。

2015年5月18日(月)より髄膜炎菌ワクチンの接種を行っております。
 
髄膜炎菌ワクチンとは・・・侵襲性髄膜炎菌感染症という病気を予防するワクチンです。
 
 
 
【 どんな病気? 】
 
人から人へうつる感染症で死亡率の高い病気です!
 
血液や髄液のような元々細菌がいない場所から髄膜炎菌が見つかる病気です。咳やくしゃみによって人から人へ感染します。
風邪と症状がよく似ているため診断が難しく、早期に適切な治療を受けることが難しいうえに、症状の進行が早く5人に1人が24~48時間以内に死亡する、死亡率の高い病気です。
 
日本では0~4歳15~19歳でかかることが多く、特に10代後半の死亡率が高く、2011年に宮崎県の高校寮で集団感染し、死亡した実例もあります。
 
 
【 接種対象者 】
 
2歳から接種できます。特に寮や合宿所での共同生活により感染リスクが高まるため、感染リスクの高い10代後半に向け予防することが必要です。
そのため、11~12歳に行う二種混合ワクチンと同時に接種することをおすすめします。また、海外でもこの病気が発生しているため、海外渡航する方もおすすめします。
(ワクチン先進国のアメリカでは11~12歳で1回目、16歳で2回目の定期接種となっています。)
 
 
【 ワクチンの効果 】
 
1回接種で90%抗体がつき、効果は約5年です。
 
 
【 料 金 】
 
1回 21,600円 (税込)  
 
接種は事前予約(料金前払い)となります。
ご希望の方は、当クリニック予防接種センターへ一度お越しください。

 

詳しくはこちらをクリック→ 「よくわかる髄膜炎菌 IMD情報センター

 

« 更新内容の一覧へ戻る

【予防接種について】おたふくかぜワクチン、B型肝炎ワクチン接種再開しました!

ワクチン供給不足のため一時中断しておりましたが、流通安定のめどが立ったため、本日午後より随時接種可能となりました。
接種ご希望の方は、診療時間内に予防接種センターへお越しください。
 

« 更新内容の一覧へ戻る

【予防接種について】日本脳炎ワクチンの定期接種がはじまりました!

2016年4月1日より、日本脳炎ワクチンの定期接種(無料化)が開始されました。
6ヶ月以上20歳未満の方が定期接種の対象です。なお、7歳半から9歳の方は定期接種の対象外となります。(2016年度現在)
 

« 更新内容の一覧へ戻る

【予防接種について】三種混合と不活化ポリオを別々に接種されてる方へ

 本日より、国の接種方法の変更のため、三種混合と不活化ポリオを別々に接種している方は
四種混合での接種に変更となります。
 ただし、不活化ポリオの接種が終了し、三種混合のみ残ってる方は、取り寄せに2週間ほどかかりますので
御連絡下さい。
 

« 更新内容の一覧へ戻る

【予防接種について】2014年10月1日から水ぼうそうワクチンが無料化になります!

2014年10月1日から水ぼうそうの予防接種が定期接種(無料化)に追加されます。
 
※水ぼうそうのワクチンは2回接種です
 
■対象年齢 生後12ヶ月から生後36ヶ月までのお子さま
■接種方法 初回接種終了後から3ヶ月以上の間隔をおき、2回目接種を行う。(計2回接種)
■経過措置 平成26年度(2014年10月1日から2015年3月31日まで)に限り、生後36ヶ月から生後60ヶ月までのお子さまも対象とし、1回注射する*来年度(2015年4月1日~)以降は接種できません!
 
 
flairポイントflair
2歳9ヶ月までに1回目を接種できるかがポイントとなります!
定期接種の対象は生後12ヶ月から生後36ヶ月に至るまで、つまり1歳から3歳に至るまでです。(平成26年度に限り、経過措置があります)
初回接種から、3ヶ月以上の間隔をあけなければ2回目接種はできません。
2回目接種時に3歳になってしまっている場合は、定期接種の対象外となり、2回目接種は自費となってしまいます。
 

« 更新内容の一覧へ戻る

【予防接種について】2013年10月までに肺炎球菌ワクチン接種を終了した方へ

2013年11月1日より肺炎球菌ワクチンが新しくなりました。
肺炎球菌の種類が7価から13価に増え、ワクチン効果も2倍になりました。
 
2013年10月までに肺炎球菌ワクチンの接種をすべて終えた6歳未満の方は、最後の接種から8週間あけて追加接種が1回できます。
特に繰り返し中耳炎になる方に接種することをオススメします。
 
接種は1回 9000円で事前予約(前払い)が必要になります。
(2014年4月1日より価格変更)
予約は、母子手帳をご持参のうえ、予防接種センターへお越し下さい。
 
 
肺炎球菌について詳しくはコチラをご覧下さい→子どもと肺炎球菌.jp
 

« 更新内容の一覧へ戻る

【予防接種について】帯状疱疹ワクチン始めました!

24-1_itaiyo.jpg24-3_taijyouhousinnreal.jpg

帯状疱疹は特に水ぼうそうにかかった人がなりやすい病気で、何回もかかることがあり、発症する方が増えてきています。gawksweat01
 
症状は体の片側のみ帯状の水ぶくれ・激しい痛みbomb
一生痛みが残ることもありますthunderweepthunder
 
 
ワクチンは6割の方に有効です。アメリカではすでに2006年から接種されています。
苫小牧で帯状疱疹予防のワクチンを実施しているのは当院だけです。
 
詳しくは当クリニックまでお問い合わせください。telephonemobilephone
 
 
さくらファミリークリニック 予防接種センター 2013/09/18
 

« 更新内容の一覧へ戻る

【予防接種について】B型肝炎は性交渉によって感染します!

B型肝炎感染者は、推定120~150万人居るとされ、夫婦間でも感染するため、家庭崩壊、社会混乱となる恐れもあることから長らく公にされてきませんでしたが、ついにComing Outされました。
 
実際に2002年に佐賀県の保育所で25名のB型肝炎集団発生の報告があります。詳しくはこちらをご覧下さい。→B型肝炎集団発生報告書
 
近年、もともと日本にはない欧米型のB型肝炎が若年層を中心に増加しています。
尚、現在出生時の母子感染は予防方法確立のためほとんどありません。
実際にB型肝炎に感染すると、慢性化し肝硬変・肝臓がんになることもあります。
 
また、本人が感染していても気づいていないこともあります。
先進国ではB型肝炎ワクチンを定期接種の1つとして無料で生後数ヶ月のうちに全員接種しています。
 
ぜひ、すべての方にB型肝炎ワクチンの接種をおすすめします!
 
 
B型肝炎について詳しく掲載されています。ぜひこちらもご覧ください。» 肝炎net
 

« 更新内容の一覧へ戻る

【予防接種について】予防接種の同時接種について

当センターでは、「日本小児科学会の予防接種の同時接種に関する考え方」(2011.1.19)[PDF] に沿い、一度に数種類のワクチンの同時接種を行っております。
 
たとえば・・・
MRワクチン+三種混合+ヒブワクチン+肺炎球菌ワクチン+みずぼうそう … など、種類を問わず接種可能。生ワクチン同士、または不活化ワクチンと一緒でも大丈夫です。これは、アメリカで一般的に行われている接種方法です。
 
詳しくは上記リンクをご参照ください。
 

« 更新内容の一覧へ戻る

【予防接種について】抗体検査のご案内

当院では、みずぼうそう・おたふくかぜ・麻しん(はしか)・風疹・ポリオなどの抗体検査(採血)を1項目2,000円にて行っております。

« 更新内容の一覧へ戻る

  • «前のページ
  • 次のページ»

PAGE TOP ↑

Copyright © 医療法人社団さくらファミリークリニック All Rights Reserved.